top of page

こんにちはsanzouです

P1140246 お祭り 洋 顔写真201610月.jpg

そぞろ歩きの「独り言」

2024.05.17(金曜)

今月31日は日比谷公園を散歩しようと思う。

反グローバリズム国民運動100万人が動いている。人口の1%に過ぎないけれど無力ではない。

WHO規約改定に反対する声は世界各国で上がっている。昨日はスロバキアの首相が銃撃された。国会で反WHO、反グローバリズムの立場表明した直後だった。イギリス政府は条約署名反対を公表した。米上院共和党議員49名全員がバイデン政権にWHO推進を止めるよう書簡を送った。

新型コロナ(生物兵器)、偽ワクチン(遺伝子毒)、戦争(米軍産複合体主犯)…何かが着実に同じ方向に向かって扇動されている。長い計画に沿って着々と水面下でうごめいている。耳を澄まし注意深く考えれば見えてくる。無数の点と点が不気味な現実であることを明確に示唆している。

「人類を裏切った男(The Real Anthony Fauci)」著者ロバート・ケネディーJrのインタビュー

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43760594?ref=nicoiphone_other

「パンデミックは計画されたPlandemicだった。92年に最初の予告があり、2006年には明確な著述がある」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43785168?ref=nicoiphone_other

「邪悪な計画を日本が中心的に推進している。武見敬三がその首謀者である」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43787421?ref=nicoiphone_other

2024.05.07(火曜)

内閣官房へ5本目の意見書提出

締め切り15分前に提出した。すでに18万通を超え、過去最多を大きく更新しているのは間違いない。

感染症対策をより強権的に拘束しようとする枠組み法制度、実に危険極まりない。姑息で卑怯な岸田政権に強く抗議する。

意見書5

「このままではあなた方は多くの被害者から恨まれることになりますよ。…厚労省が選んだワクチン推進一辺倒の有識者ではなく第三者が評価しなければあなた方は何度でも失敗を繰り返す」と利益相反を指摘。さらに「前年までに世界の3000本以上の論文が新型ワクチンによる膨大な被害を論じている。しかも日本が最多被害者。にもかかわらず厚労省が頼る委員会はそれら論文を無視し逆の発言をする。これは科学者としては考えられない」政府や国際組織が暴走し法的拘束力を行使すると「あなた方の家族も危険に晒される。国民の意見を無視してはならない」……

去る4月19日WCH超党派議連勉強会において医学、免疫学二人の某教授が厚労省と外務省職員に問いかけた言葉だ。

当該「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(案)」もWHOパンデミック条約改定、IHR改定と同じ作為的意図が隠されている。すなわち巨大な製薬利権のビジネス戦略に世界中が汚染されていると言っても過言ではない。

明らかに、この4年間の「新型コロナパンデミック対策」は失敗であった。さらに「mRNA製剤をワクチンとして使用したことが根本的な間違いであり、実際に感染効果も重症化予防効果もなく膨大な薬害を招く結果となった」。にもかかわらず政府、医療界は未だに超過死亡や被害原因を調査することもなく、責任転嫁し、証拠隠蔽の策を弄している。今回の行動計画案もまさに自らの失敗を隠すために「法的拘束力」で上塗りし、異論を抑圧する強権力発動と言うほかない。

閣議決定は絶対に行ってはならない。

このパブコメを目にするだろう内閣官房、厚労省ほか職員のみなさんに、一人のヒトとして良心に基づいた仕事をしていただきたく心より問いかけたい。

受理番号060512703000182336

2024.05.05(日曜)

内閣官房への提出期限は7日

募集期間を半減させた姑息で卑怯な政府のやり口

三本目のパブリックコメントを送付

意見書3

「ワクチン2億回打って死者ゼロ」発言は河野太郎。これはデマ以外何ものでもない。

「日本を理想的な治験国家にする」発言は岸田文雄。国民はモルモットではない。

「超過死亡はない」発言は武見敬三、脇田隆字。職務上の重大な過誤過失である。

彼らには科学的事実に謙虚に向き合う姿勢が見られない。あらぬことか社会倫理より製薬利権やウラ金を優先し、国民への真摯な対応ができないばかりか、増税と社会福祉費増額など苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)に余念がない。

一方で、政府はみずからYoutuberを雇いデマ情報を拡散し、医師たちの警鐘や正しい科学情報を削除するなど、国民の情報操作に税金を注いできた。

そんな政府が偽・誤情報を規制する資格などあるはずがない。

 

当該「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(案)」はWHOパンデミック条約改悪とIHR改悪と、その意図は同根である。

撤回、拒絶を求める。

彼らが求めるのは権力と利益であり、「法的拘束力」で国民を縛ろうとしている。そのベースが法案であり国際規約・条約の私物化である。閣議決定で国を拘束するのは憲法違反である。

 

このところ再三耳にする「次のパンデミックに備える」の警告は何であろう。それは善意や良心とかけ離れているのではないか。そこには常に医療産業複合体の利益追求の意図が見え隠れする。

「Disease(病気)Xがやって来る」「公衆衛生のため平時に備える」というその言葉の真意は、国民に不安を抱かせる情報操作であり、その背後には、表向き科学と称して実は病原菌・ウイルスの機能獲得実験を繰り返す某研究室が隠されている。やがて、いやもう既に未知の遺伝子配列が合成され、対応ワクチンも密かに作成している可能性は極めて高い。それこそが「邪悪な新製品(マッチとポンプ=病原体とワクチン)」であり、さらに利益拡大の触媒として「法的拘束力」を求めているのだ。「良心の顔をした法整備」それこそが彼らの計画の中心にある。

法整備の目途さえ立てばいずれ「邪悪な新製品(マッチ)」は散布される。すわ「未知の病原体X」出現にWHO事務局長がパンデミック宣言を発出し火は燃え上がる。テレビ新聞は連日トップニュースで騒ぎ立て「感染爆発」の恐怖を煽る。やがて国民は羊のように思考を停止。委縮した群衆は雪崩を打って「緊急事態条項(法的拘束力)」の網に取り込まれ「Stay Home!」「ロックダウン」で行動は制限される。ついに窒息した群衆の眼前に「救世主ワクチン(ポンプ)」が登場し、喜んで集団接種に列をなす。逆らう者には強制接種が待っている。いつか来た道である。それゆえの「ワクチン100日生産」のうたい文句でもあろう。

こうして医産複合体のプランデミックは法的拘束力を持つことで永続的なボロ儲けシステムを完成させることになる。

Covid-19のこの四年はまさにその予行演習であったと言える。

あの救世主と言われたmRNA製剤注射は結局「コロナには効かなかった」。けれど製薬会社と医療関係は確かに儲かった。そればかりか接種後後遺症の治療でさらに利益が上がる。何故なら「偽ワクチン」は効果の有無にかかわらず健康な人々に漏れなく長期的な病根を植え付け、死ぬまで医療漬けにするという極めて巧妙で邪悪なビジネスになるからだ。

「法的拘束力を持てばもっと儲かる!」貪欲な集団の真意はここにある。

不都合な真実は根が深い。

このビジネスを40年間育ててきた創業者があのファウチであり、米国とゲイツ財団、製薬財団がWHOの筆頭投資者であるのも偶然ではない。気が遠くなるほどの巨額マネーが動いている。

こうした多国籍医療産業複合体に群がる武見敬三ら閣僚と利権政治家、さらに巨大製薬マネーから助成金を受け取った多くの研究者、専門家諸氏らは、もはや弱みを握られた使用人になり下がった。たとえ人が死のうが苦しもうが耳を塞ぎ、老人施設の惨状や小児病棟で死んでゆく子供たちには目を背け、多少良心の呵責が疼こうとも、自己保身のために決して真実を語ることはないだろう。…無数の小悪人が社会を蝕んで行く。

mRNA製剤のワクチン適用が不適切どころか、人類にとって極めて危険であると科学的医学的に証明される一方で、日本国内では遺伝子製剤ワクチン工場が続々と認可され巨額の助成金がつぎ込まれている事実は、まさにそのことが「邪悪ビジネスが存在する」ことの証左でもある。

 

以上がこの4年で見えてきた事々だ。であるならば、

当該「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(案)」に賛成できるものではない。

さらに

主権者として計画案の撤回と、さらに政治と医療行政の根本的見直しを要求する。

以 上(文中敬称略)

受理番号060512703000066483

​(1日で19000件増加)

2024.05.04(土曜)

危険な岸田内閣の売国政策を阻止!

彼らは「公衆衛生を人質に国民の命と権利を米国資本に売り渡す邪悪な法整備」を進めている。

二本目の意見書を内閣官房に提出した。

意見書2

「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(案)」についての意見

各論13項目すべてに書ききれないほどの異論がある。

それ以前に、当該パブリックコメント募集が「国民の命と人権」にとって極めて重要な問題にもかかわらず広報周知を行わず、恣意的に異例に短い募集期間を設定、それもGW期間中にこっそり当て込んだ目論見には当局の姑息な悪意さえ伺える。

そもそもパンデミック以来4年経った今でさえ、(1)Covid-19の起源および武漢株、変異株のウイルス学的検証が不充分であり、(2)mRNA製剤のワクチン使用による「感染予防効果」「重症化予防効果」の全データは未開示のまま放置、(3)また膨大な接種後副反応被害と超過死亡を記録しているにもかかわらず、その原因究明作業すら不備怠慢、(4)さらに現在進行中である「遅発性副作用(中長期的な危険性)」についてはあえて検証を避けている。つまり疫学的検証すら全く不足していると言わざるを得ない。

ちなみに(2)の結果は「遺伝子製剤の筋肉注射は感染を予防できず、接種の度に感染者は増加。7回接種によって日本は感染者、超過死亡ともに世界一」となった。この事実がなぜ報道されないのか。主要メディアが統制されているのはもはや隠せない。我が国の報道自由度は世界70位に転落している。

つまり政府とその関連機関、受益団体、報道各社もこぞって自らの不都合な真実を隠ぺいしているのが現状であって、あまつさえ政府は6500億円分の遺伝子製剤の廃棄命令を出した。まさに「国ぐるみの証拠隠滅工作」であろう。

この3年、すでに世界の1万件に及ぶ科学論文は「mRNA製剤は毒物でありワクチンとは呼べない」ことを示唆している。言い換えれば「毒性の高い遺伝子製剤である」「DNA混入は致命的」「その機序によって副作用は広範な病状を誘起する」また「製薬会社は人体実験とそれによる被害を隠している」…これら論文がたとえ仮説であっても政府や研究者、医師たちは論文筆者の見解を謙虚に受けとめ真摯に見直すべきタイミングは幾度もあった。しかしそれすら怠った、もしくは意図的に無視した。この責任は重い。

感染研の責任は極めて重い。

菅、加藤、岸田、武見、河野、脇田、尾身各氏の責任は極めて重い。

もし意図的であれば「未必の故意による殺人、傷害罪」が問われる。

知らなくとも、知るべき立場、職務である者が、知り得る時期を幾度も見過ごしたのであればもはや「知らなかった」では済まされない。当該mRNA注射はこの3年だけで、過去45年間の被害者数をはるかに上回っている。職務怠慢による見過ごしであったとしてもすでに「重過失による致死、傷害の罪」は免れまい。

もっとはっきり言おう。「今薬害は人類史上最大のスキャンダルであり、過去類例のない犯罪」である。

結論

上記実態の検証、反省、是正、責任追及が行われないままで新たな「新型インフルエンザ等対策政府行動計画案」提出など論外である。

白紙撤回だけでなく、欧米製薬会社との契約書および、これまで取得した全疫学データの開示を求める。

さらに今パンデミックにかかわる感染症対策において犯された犯罪は可能な限り検証し立件すべきである。それだけではない。米国製薬メーカーは結果的に「毒物」を「ワクチン」と偽った、これは詐欺罪に問われるべきであり、当然契約は無効である。日本政府は無効な契約に縛られずメーカーを詐欺罪、傷害罪、殺人罪および損害賠償で告発すべきである。

以 上

受理番号060512703000047576

2024.05.02(木曜)

危険な政府の行動計画案について

私個人名で内閣官房に以下の意見書を送付した。

意見書

第一に本「新型インフルエンザ等対策政府行動計画(案)」の白紙撤回を求める。

第二に新たな感染症対策行動計画を提示する前段階において、Cobid-19ウイルス感染症対策のこの4年間の総括を行うことは必須である。検討すべき案件は多岐にわたる。

①2020年における種々の感染対策は真に有効であったのか。

②21年以降「努力義務」として半強制的にmRNAワクチン頻回摂取を国民に勧めたことは正しかったのか。

③そもそもmRNA筋肉注射の危険性を何故審議しなかったのか(生物学的常識であろう)。

④厚労省、国立感染研は取得したすべてのデータを開示すべきである。

⑤種々の有効な既存薬剤があったにも関わらず、安全性未確認のmRNAワクチン使用は妥当であったのか。

⑥人類初の緊急使用であれば尚更、投与者個々の後遺症(もしくは有効性)フォローアップはなされたのか。特に妊産婦、幼児への影響について広く厳密に精査を行ったか。

⑦膨大な副作用報告、犠牲者が実在するが、政府は真摯な対応を行ったか。

⑧国と製薬企業が交わした契約内容は不平等契約ではなかったか。

⑨政府広報、マスコミ報道は真に公正な情報を国民に提供したか。

⑩政府、医師会、マスコミ、医療業界に不公正な行いがなかったか。

⑪隠蔽された不正行為を摘発する努力が十分になされたか。

⑫PMDA審議委員や政府が審議委任した専門家、その他コビナビ関係者などには利益相反が現実に存在する。その他、問題は無数にある。これらをなぜ是正しないのか。できないのか。

とりわけ、医療関係団体や企業から金銭授受のある政府閣僚および関係者が実在する以上、総括、反省も是正も行わない状態で新たな感染症対策を提案する資格はないと考える。

以上

受付番号

060512703000024353

2024.04.10(水曜)

生涯で初めてデモに参加したいと思っている。今動かなければいつ動くのか。

 

❑4月13日(土) パンデミック条約反対

パンデミック条約・国際保健規則(IHR)反対集会』

時間:9:30~11:30(9:15受付開始)

場所:牛込箪笥区民ホール

※著名登壇者多数参加/申込不要/先着400名/参加費無料

『池袋行進デモ』目指せ10万人!

集合時間:13:30東池袋中央公園

出発:14:00~15:00解散

 

WHO規約改正とパンデミック条約は危険。

林千勝が暴くWHOの詐欺手法

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43636189?ref=nicoiphone_other

【記者会見完全版】日本記者クラブにて 2024.4.6

https://www.nicovideo.jp/watch/so43635775?ref=nicoiphone_other

 

現下のマスメディアは検閲統制され言論の自由が弾圧されている。

NHKはじめ民放各社は巨大資本と政府に乗っ取られた。

やっと動きだした「ジャーナリズム復権」と「表現の自由」を目指す行動が。

「テレビ会社に株主提案するのは初めて」~テレビ輝け!市民ネットワーク・株主提案提出後の記者会見

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43638143?ref=nicoiphone_other

 

利権とウラ金にまみれた政治屋たちを一人一人地道な告発で斬る上脇博之教授。

「幕引きではない、捜査立件はこれからだ」

 

10年前、すでに故西部進氏はグローバリズムの危険性を喝破していた。(2018年1月多摩川で入水)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43640053?ref=nicoiphone_other

2024.04.08(月曜)

「善人の沈黙が世界を亡ぼす」

気付いたヒトは、まだ2%でしかないが、15%はおかしいと感じている。

「気をつけろ」の声が聞こえる者と耳を閉ざす者。

…目に見えぬ悪意が静かに浸潤している。まだ気づかないか。

コロナ後遺症ではない、ワクチン後遺症である。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43593852?ref=nicoiphone_other

 

人工ウイルスを推進し隠ぺいしたファウチ

2020年2月1日午後2時にファウチが開いた電話会議以降、11人の関係研究者は一斉に口裏を合わせた。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43540927?ref=nicoiphone_other

 

自己増殖型ワクチンが今秋日本で実施されれば「人→人伝播(感染)」の可能性は排除できない。変異し野生化すれば日本は世界から隔離され民族は絶える。

mRNAワクチンとレプリコン(自己増殖)ワクチンの失敗のメカニズム…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43585122?ref=nicoiphone_other

 

富を集中し、覇権を目指す英米欧の「奴隷貿易」と「植民地支配」は今も続いている。

4世紀前から武力で他国を蹂躙する本質はなにも変わらない。

戦争の火種を撒き、疫病を撒き、嘘と毒を撒く。

今年2024年が人類史の大転換点になるだろう。

2024.03.18(月曜)

ファウチやテドロスを信じてはいけない。

バイデンや岸田、武見は医療産業複合体の手足に過ぎない。

「自分の目で見、自分の心で感じてほしい(アインシュタイン)」

WHOはもはやバイオテロの利益配分に群がる国際カルテルである。

フィクションでも陰謀論でもない。巨大資本が利益を追求する単純なシステムに他ならない。

政治家も役人もコマに過ぎない。科学者や大学、医師ですら目先の金で容易に転ぶ。

娯楽に溺れる庶民には事実を粉飾し真実から遠ざける。騙すことはさらに容易だ。

邪悪な現実が世界で進行している。

この三年で、どれほどの人が死に、どれだけ多くの新しい命が阻害されたのか。(超過死亡40万人以上、平均寿命連続低下、出生率連続低下)

このままでは10年以内に日本は滅びる。

微力でも何かはできる。唯一の道しるべは「知る」こと。

 

mRNA製剤はワクチンではない。人工RNA+DNAが全身の細胞に取り込まれ、免疫が自分の細胞を攻撃する生物兵器である。

国内外からワクチン災害の声。鹿Dr、ロバート・マーロンDr「人口抑制計画の疑い」。警鐘。後遺症患者の証言 医療従事者の接種圧力…涙の証言(96分総集編)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43217048?ref=nicoiphone_other

密かな規約変更でWHOは危険な団体になる。脱退すべきである。

「WCH(ワールドカウンシルフォーヘルス)日本支部の立ち上げ」に参加を!!!

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42904897?ref=nicoiphone_other

「オミクロンは2020年人工ウイルス」その根拠とは。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42880920?ref=nicoiphone_other

第5回WCH議連 完全版

https://www.nicovideo.jp/watch/so43529785?ref=nicoiphone_other

自己増殖(レプリコン)ワクチンを認可した日本政府の狂気。

荒川央Drレプリコン解説

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43508423?ref=nicoiphone_other

ロバートマローンDr、井上康正Dr、山岡鉄舟

https://www.nicovideo.jp/watch/so43497049?ref=nicoiphone_other

https://youtu.be/YjmoSoU6QQI?si=oObfIVhUM68OyoXi

モンタニエ博士が人生の最後に、残された力でコロナワクチンと断固として戦った。

2020.12.17

・ワクチンプログラムはふざけている

・結果は予測不可能、癌などの可能性

・人をモルモットのように扱うな

2021.05

・医学的に、化学的に大きな間違い

・新しいウイルスの変異株はワクチン接種の結果

2022.01.12 モンタニエ博士ルクセンブルク議会証言:

・医学は人を殺してはいけない

・コロナワクチンは毒だ!

2022.01.15 ミラノ、コロナワクチン接種への抗議デモ:

・ワクチンが感染促進 ・スポーツ選手がワクチンで死亡

・コロナワクチンを子供たちに接種することは犯罪

・ワクチンによって神経症状

・ワクチンの接種をやめるよう呼びかける

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43437080

2024.02.15(月曜)

情報が閉ざされた日本民族は崖っぷちにある。

今もっとも重要な情報は何か?

 

ファイザー元副社長(Michael Yeador博士)の証言

:パンデミックは存在しない「ファイザーの<廃棄物を黄金に変える>計画は2017年からあった」

 

「ワクチン設計は故意に人を傷つけるためのものであることを伝えたい」

「そもそもパンデミックは起きていない。WHOが詐欺的にパンデミックを宣言し政府によって引き起こされたもの以外の突発的な公共衛生事件は発生していない。不正なPCR検査が使用され、実際には通常の疾患(風邪)にもかかわらず恐ろしい特定の病気にかかていると人々は思い込まされた」

「三つの異なる方法で国家レベルでの医療手順の変更があった。不適切な人工呼吸器の使用で多くの死を引き起こした。療養施設では多くの人が鎮静剤や呼吸抑制剤を注射されて死亡した。また地域社会では必要な抗生物質を得られず細菌性肺炎で死亡した。これがパンデミックの正体であり他のパンデミックは存在しない」

「この嘘をもとに、間もなくワクチンが作られ救世主になると言われた」

しかし

「ファイザーが製造した新型コロナワクチンは、発明、テスト、臨床評価、生産の正規のプロセスを経ていない。事前に準備され、強制的に接種されている。外来遺伝子を含むため、人体は自己の免疫システムに攻撃されるリスクがあり、もし阻止しなければ、さらに多くのワクチンが製造されるだろう」

「脂質ナノ粒子に包まれたスパイクmRNAは分解されずに体中を巡りあらゆる細胞に取り込まれ多くの器官に損傷を与える。特に女性の生殖器官に蓄積することは10年前から周知の事実である。運の問題だと考えるのは間違っている。私たち専門家や同僚研究者たちは何が設計され作られているかを確実に知っている」

「だからこそ言う、パンデミックはなかった、そして大量のワクチン接種を促進するためにその嘘は今も続いている」

「私の見解ではすでに5億人が意図的に危険な薬剤を接種され、1700万人が死亡した」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43248183?ref=nicoiphone_other

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43237118?ref=nicoiphone_other

 

富の集中が特異点を超えると、利潤追求が容易になる。意図的に国際経済のバイアスをコントロールすることで、計画通り流れる資金の上前は確実に掬うことができる。戦争と疫病の恐怖で人々を心理コントロールすれば株価も為替も思いのまま。武器も薬品も濡れ手に粟。損することなく益を得る。

気づかなければやがて彼らは完全に人類を支配する。

ブラックロックが牛耳る闇。

RFケネディ

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43255919?ref=nicoiphone_other

 

1/8の田中眞紀子邸火災の原因はホントに線香?

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43257945?ref=nicoiphone_other

2024.1.11ワクチン問題研究会記者会見【前半】 日本を代表する医学者軍団の研究発表

https://www.nicovideo.jp/watch/so43265736?ref=nicoiphone_other

2024.1.11ワクチン問題研究会記者会見【後半】

https://www.nicovideo.jp/watch/so43265910?ref=nicoiphone_other

​イスラエルとガザの本質 混乱する世界の震源は、【ロスチャイルドの3つの秘密条約・・・】

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43274689?ref=nicoiphone_other

 

【COVID-19ワクチン被害に関する公聴会】新型コロナウイルスは生物兵器である

ピーター・マッカロー博士:新型コロナウイルスの自然起源説は、ファウチらによってでっち上げられた巨大な学術的欺瞞である。パンデミック発生の数年前、新型コロナウイルスが実験室で作られたことを示唆する複数の学術論文があり、新型コロナウイルスは生物兵器であると結論づける論文が『軍事医学(Military Medicine)』誌に掲載された。

12-13年には完成していた人工ウイルス。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43288139?ref=nicoiphone_other

 

長尾和宏医師 イベルメクチンについて

「大村智先生(ノーベル生理学・医学賞受賞)に最初体重別ってことを教わって、アメリカ人なんかは60mg×3日間とか使うと聞いてヒェーっと思ったんですけど、いやいやその何十倍使っても大丈夫なんだよ、安全性も担保されている。ワクチン後遺症にも有効」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43291277?ref=nicoiphone_other

 

WHO+巨大製薬会社BigPhamaが計画している次のパンデミック<プランデミック>は数年前に規定されており、日本政府も承知していることがもう明確ですね....

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43335625?ref=nicoiphone_other

 

シンポジウム 【mRNAワクチンという人類の脅威】 〜DNA汚染とレプリコンワクチンの危険性〜[ダイジェスト前編]

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43324537

シンポジウム 後編

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43351783?ref=nicoiphone_other

 

ダボス会議の創設者 クラウス・シュワブ(真偽不明の動画)

少なくとも40億人の「役立たずで食べるだけの人間」は、戦争、造られた即効性の不妊病の蔓延と飢餓によって、2050年までに削減されなければならない。

非エリートのためのエネルギー、 食料、 水は、 必要最低限に 保つ。これは西ヨーロッパと北アメリカの白人を対象に始め、他の人種に広める。

世界の人口が10億人の管理可能なレベルに達するまで、カナダ、 西ヨーロッパ、アメリカの人口は、他の大陸よりも急速に減少させる。

そのうち5億人は、中国人と日本人で構成させる。 中国人と日本人は何世紀にもわたって管理されており、疑いなく権威に従うことに慣れている人間だから。

三百人委員会の善意のおかげで存在できるということを大衆に思い出させるために、たまに人為的に考案された食糧不足と水不足、そして医療を利用する。

スイスの経済学者・世界経済フォーラム (ダボス会議)の創設者 クラウス・シュワブ

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43283385?ref=nicoiphone_other

 

2023.12.23(土曜)

自己増殖ワクチン(レプリコン)は狂気の沙汰。

「これで日本は終わりなんやろか」と呟く。

「すっかりしてやられたな」。

「ほんまに手口はあざやかやった」声が聞こえる。

放置してきた自分が恥ずかしい。

嘘が始まったのは2020年1月。世界中が恐怖で煽られ暴走し、日本は翌21年に偽ワクチンに群がった。

mRNAが何かも知らず3年足らずで7回の頻回接種。緊急承認だったことなどすっかり忘れて今度は「レプリコン(自己増殖型)ワクチン」を政府は認可した(11/28)。DNA混入の事実も知らされず、LNP(脂質ナノ粒子)の毒性すら教えない。自己増殖で体内変異すれば疑似ウイルスになる。伝播すると種の絶滅につながりかねない。やってはいけない医療の暴走である。

西側政府と報道は一切の批判を封じた。

多くの国民は何が起こっているのか知らない。知らされない。

「すでに世界では1700万人がmRNAで死亡したんだぜ」また声がする。

 

…米欧が日本を食っている。

長い時間をかけて病(やまい)の根を育て、処方薬を売る。うまい商売だ。

巨大製薬会社にとって日本列島はまるごとお得意様。「原価100円が売価2万円」のボロ儲け。

生かさず殺さず薬漬けにして病人は死ぬまでお客さま。「国民皆保険制度はカモ、宝の山だ」と製薬CEOは嗤う。

欧米の民族差別の根は深い。「人体実験はアフリカ、アジアにかぎる」某元首とロビーイストは密談する。肥大化した資本に倫理など無い。もともと顔はない。利潤追求に差別も蔑視もない。独占化した組織に自浄作用は働かない。投資会社CEOにとって「人は儲かる家畜」。各界の利害は一致する。下層労働者はひたすら巨大資本に搾取される。

武器、傭兵、戦争、殺人、テロ、細菌散布、毒殺、ジェノサイド…分断を仕組む側は勝敗に関係なく利益は上がる。独占巨大資本は「ヒト」ではない。性善説は通用しない。

お人よし日本人は気付いていない。

真実を隠蔽し、犯罪の全責任を日本に転嫁する。

…これが最終段階

「善意の顔した悪意」を「おもてなし」する日本人。

自分のアタマで考えない、お上に服従し続けてきた愚かな民草を現在も生きている。

お笑いとスマホにうつつを抜かし、家畜として飼われている。

すっかり米国の愚民化政策で植民地になり下がった日本、食料もエネルギーも薬品も資金力もすべて首根っこを押さえられた日本。これが過去30年の実相だ。

巨大なウラ金と日米地位協定に屈する首相や内閣は傀儡にすぎない。平然と嘘をつき国民を売る、彼らを変えても世は変わらない。

ひとり一人の民草が気付いて初めて世は変わる。

なのに民草は知らん顔。

考えるのは面倒。家畜のままが楽なのか。

7回のmRNA有毒ワクチンで自己免疫を破壊されて、それでも来年から定期接種を希望する。

従来のワクチンを「LNP+mRNA製剤」にするために国内7か所に工場ができた。技術の暴走。許されざる暴挙である。国策の工場建設。利権に群がる政治屋や上級国民、資本家様にお偉い学者様たちが美味しい蜜を吸う。

…そして日本が主犯になる。

そもそも35億年積み重ねた自身のDNAをいじるバカはない。

乳幼児に実験薬を注射する…若い男女に不妊薬を注射する…

ど阿保の底が抜けている。

働いて働いてぼ~っと搾取され、英米欧の戦争を後押しし、家畜のように注射に列をなし、奉仕したお金で武器を供給する。

みずからの差別を後押ししているお人よし日本人。

言っても言っても聞く耳持たない。自分の子や孫の世界を見ないドアホなオトナども。

…卑屈にもほどがあろう。

このまま柵で囲われ耳を閉ざされ、遺伝子組み換えのエサと注射でモルモットになる。

自己複製ワクチンで汚染された民族は世界から遮断され、忌み嫌われる。

…10年以内に日本民族は絶え、そこに米英欧が国境の消えた列島に上陸する。

極右や民族主義で言うのではない。被害妄想でもない。

ただただ嘆かわしい。

人工コロナをばらまき、毒ワクチンを強要し、ウクライナ、ガザに火をつけた…この露骨な悪意の主犯はだれか。

イラク、湾岸戦争、9.11…主犯はだれか。

「陰謀論?」「妖怪論?」…嗤ってるあんたらオトナが当事者なのにボケてるんじゃないよ。

事実と事実、点と点を見ればいい。

もはや知らなかったでは済まされない。

恥ずかしながら私自身が自分の愚かさに愕然とし、跪いている。

いま気付かなけらば永遠に気付くチャンスは来ない。

オトナの私たちが自分の過ちを糺さなくてどうする。

2023.11.19(日曜)

 毒を見分けよ!

100年前のスペイン風邪は過去最大の薬害であった。

ワクチン製剤は根本的に見直す必要がある。

インフルエンザワクチンの無効性は「1987年の前橋レポート」ですでに証明されている。

ましてmRNA製剤は有毒。ワクチンとして使用することがあってはならない。

従来の不活化ワクチンもmRNA+LNP型に変えられるのは時間の問題。日本が人体実験に使われている。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43036536?ref=nicoiphone_other

 

 露骨な利益相反!

製薬利権が介入したWHO(世界保健機構)はもはや危険な存在である。すでに多くの諸国が脱退を検討している。

新たにWCH(World Council for Health)を立ち上げることが急務である。

超党派議連で発言した外務省、厚労省職員の無知無能ぶりにはあきれるばかりだ。

日本政府は国民には隠したままWHO規約改悪を承認しようとしている。罠を承知で国民を売った内閣。買収された政治家たち。篭絡された日本企業。放置すれば日本国民は米英多国籍企業の奴隷になる。目を背けてはいけない。

井上正康氏が議連後に要旨を語り、種々の質問に答える。

https://www.nicovideo.jp/watch/so43034156?ref=nicoiphone_other

 

 不誠実な外務省、厚労省職員

【令和5年11月15日】超党派WCH議員連盟 設立総会全編

https://www.nicovideo.jp/watch/so43041188?ref=nicoiphone_other

 

 農業を守れ!

日本の農業は5年以内に滅びる。国家の基本である「食」の自主独立を日本政府が米英企業に売り渡した。その結果は悲惨である。

目立たぬ「売国」政策、わたし達は直視すべきである。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43036241?ref=nicoiphone_other

2023.11.15(水曜)

 日本はいい国ですか。今の日本はこれでいいのですか。

 World Council for Health (WCH)に加入し国民としての意思表示を!!!

 11/15(水)衆議院会館にて『超党派的WCH議員連盟の設立』宣言

 世界保健機関(WHO)は、かっては世界の健康問題を支援する国連組織であったが、営利目的のグローバル組織の道具と化して「パンデミック騒動や遺伝子ワクチン薬害を深刻化させている事実」が明白になった。この非常事態に対して、アメリカ、カナダ、イギリス、南アフリカ、ドイツなど、世界45か国以上の医師、科学者、法律家、人権擁護団体をはじめとする200以上の団体が2021年9月に設立したWorld Council for Health (WCH)は、「より良い方法で健康問題を解決する為の世界連合体」である。

 WHOは、全世界に被害を与えたパンデミック騒動と遺伝子ワクチン薬害に続き、「パンデミック条約策定と世界保健規則(IHR)の改悪」に向けて作業を進めており、来年5月のWHO総会で採択しようと画策している。

 現在、その危険性を指摘する声が世界中から寄せられ、WHO脱退の国々が増えている。人類共通の危機であるパンデミック時でも、国の主権や国民の基本的人権は最大限尊重されるべきであるが、改悪IHRではそれらが大きく踏み躙られる内容になっている。人類のより良い未来と健康を守るために、その理念を共有するWCHの支援活動が緊急の課題である。

日本国民の健康と生命を守る為に、2023年11月15日に衆議院会館で『超党派的WCH議員連盟の設立』を宣言する。

 

大丈夫か日本人(武田邦彦)油断の危機

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43000240?ref=nicoiphone_other

2023.11.13(月曜)

 ガザ侵攻、ウクライナ侵攻、そしてプランデミック+ワクチンビジネスこれらはすべて繋がっています。

 そんな馬鹿な?いえいえ繋がっているのです。

 「戦争と医療と人権」はすべて金融で緊密に繋がり軍産-医産-食産-情報が集中-独占-恐怖-搾取のサイクルを肥大化し世界を覆い尽くそうとしているのです。国連は機能不全、そしてWHOも感染の恐怖で取り込まれようとしています。

 

誰が人権を破壊しているのか(ロバートFケネディJr)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm43005225?ref=nicoiphone_other

2023.11.01(水曜)

 知らないでは済まされない。時間がないのです。

 WHOの危険な規約改変まであと半年しか残されていません。

ウソに気付いた世界。閉ざされた日本国民。

パンデミック条約は、何故私達国民に知られないまま進められているのか。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42952216?ref=nicoiphone_other

57億人へのコロナ注射はデモサイド(democide・人民の殺戮)である(パスカル・ナジャディ)。

「世界経済フォーラム、WHO、ビッグテック、ビッグファーマ、ビル・ゲイツは、人類への犯罪を犯した」。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42953219?ref=nicoiphone_other

世界で135億回分の新型コロナワクチン接種によって1700万人以上が命を落とした。それでも今なお日本ではmRNAワクチンを接種し続け、量産工場が各所に建設されている。WHO規約改変で接種強制が準備されつつある。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42933843?ref=nicoiphone_other

 米大統領候補ロバート・F・ケネディ・ジュニアの告発

ワクチンにまつわる莫大な資金は、ビル·ゲイツのようなワクチンに投資した人達だけでなく、機構はもちろん、行政官員まで関与し、ファウチの下で働いている人達も毎年15万ドルのロイヤリティを長期的に受け取ることになる。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41246945?ref=nicoiphone_other

 計画されていたmRNAワクチン ロックフェラー→ビッグファーマ

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39847115?ref=nicoiphone_other

 武漢研究所でコロナ人口株実験をさせていたのはファウチである。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm38171803?ref=nicoiphone_other

2023.10.23(月曜)

 時間がありません。

 このままでは、日本がガザになる。

 WHOから脱退するほかない。

日本人の約9割が知らないパンデミック条約とIHRの恐ろしい改定内容。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42914545?ref=nicoiphone_other

パンデミック条約、国際保健規則ともに、広く日本人には知らされていませんし、日本政府は説明もしていません。憲法以上のルールを協議している事を、隠して水面下で進めています。声を上げなければ、なし崩し的に進められるのは必至です。官邸、厚労省、外務省に声を届けましょう。また、身近な議員連中にも‼(林千勝)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42923677?ref=nicoiphone_other

「百害あって一利なし」コロナワクチンの総括

【mRNA】井上正康現代適塾セミナーin 東京 第1部 2023.10.7

https://www.nicovideo.jp/watch/so42915191?ref=nicoiphone_other

【mRNA】井上正康現代適塾セミナーin 東京 第2部 2023.10.7

https://www.nicovideo.jp/watch/so42915203?ref=nicoiphone_other

「DNA混入は事実」東京理科大学の村上康文名誉教授

山路徹さんの免疫学者の警鐘 シリーズPART7「mRNAワクチン ”DNA汚染”の衝撃」

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42924981?ref=nicoiphone_other

2023.10.19(木曜)

 密かに規約変更を進めるWHO、すでに危険な団体である。

 「WCH(ワールドカウンシルフォーヘルス)日本支部の立ち上げ」に参加を!!!

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42904897?ref=nicoiphone_other

 WHO(世界保健機構)が危険な動きをしています。無関心でいると知らぬ間に隷従を強いられます。自民公明の現政権はすでに米英巨大資本に隷従し、今の日本は情報鎖国状態です。

 知らされず、騙され、搾取され、人権をはく奪され、家畜のように間引かれるのです。

 人工病原体と戦争で恐怖を煽り、贋薬と武器で精神を支配する「グローバル覇権資本の実態」。これが今の世界です。

 よく見てください。流出した日本の税金はグローバル覇権資本に注がれWHOはその機関に堕しています。

 岸田政権はバイデン政権に日本を売り渡してしまった。そしてバイデンはグローバル覇権資本の傀儡に過ぎないのです。

 傀儡が傀儡をあやつり、家畜のように飼育される国民。まるで嘘のような現実が日本で起きつつあるのです。

 気づいてください。子供たちのために。時間はありません。一人でも多くの方々に伝えてください。

2023.09.23(土曜)

 無数の点と点を嗤うなかれ

 眼前にある見えざる全体主義の恐怖

「次回パンデミックでは特定の製薬会社のワクチンが強制的に摂取される。拒否すれば拘束、監禁」…ただ事ではない。

SFでも絵空事でもない。実際にWHO(世界保健機構)が計画しているパンデミック条約はすでに原案が翻訳され多くの研究者が警鐘を鳴らしている。にもかかわらず現時点で日本では報道すらされていない。

来年1月に提案され5月には「世界保健規則と条約国規約」が改定される。

パンデミック時にはWHO規則が各国憲法より上位の強制力を有するのだ。

このことは人類の多様性と生命の多様性の否定であると私は考える。

もはやWHOは公平公正な国際機関ではない。運営資金の7割を製薬会社など私的営利団体が占め利益相反が明らかである。

賛否はともかく、少なくとも個々人が認識すべき目の前の脅威である。

 パンデミック条約の危険性

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42789551?ref=nicoiphone_other

2023.09.11(月曜)

 政府の圧力で身動きを封じられた報道

何度でも繰り返し訴えます。

新型コロナ禍とmRNAワクチン接種は人類史上最悪の犯罪です。

よく見てください、日本の惨状を。

接種からわずか2年で報告された健康被害と死亡数は、過去45年間の報告総数を上回っています。

日本だけでも30数万人の超過死亡数と出生減を合わせると、このわずか2年で70万もの命が失われているのです。

先行したイスラエルは追加接種4回目途中で中止、他の多くの国でもすでに毒性を認めて追加接種を止めている中で、日本だけが5回6回と繰り返し、9月20日からは7回目接種を全年齢層に奨励する。これはまさに凶行です。

 

それでも9割の日本国民は知らない。いや知らされていない。

「打っても俺は平気」と接種者は自分を正当化し、他人の被害には気が付いていない。確かに人口は毎年ほぼ100人に一人が減少する、そんな中で1000人に三人が多く亡くなっても肌感覚では気づかないだろう。

接種後不妊になっても気づかない、しかし接種後流産、死産した母親は気付く。接種後に老衰で伴侶が逝っても気づかない、しかし接種後突然に我が子を失った親は気付く。誰しも接種直後の健康被害には気付く。しかし接種後しばらくして起こる運動障害、ガン再発、進行ガン、心筋炎、血管障害、自己免疫疾患、帯状疱疹、あらゆる感染症罹患はなかなか気づかない…やっと気付いても、それでは遅いのです。

今はテレビ新聞だけを信用することは危険です。

平和だった日本がなぜこんなことになったのか。

それは、政府が隠蔽圧力をかけ、それを監視すべき報道機関がケタ違いの投資勢力によって身動きできない状況にあるからです。

「反ワク」は禁止用語。臨床論文すら検閲。学会に意を唱えれば除名。危険性を口にした医師は解雇。医療関係者は接種を義務付けられ、拒否したものは研修すらできず採用されない。科学の世界で脅迫、恫喝の異常な状態が続いています。

G7諸国政府はおおむね同じスタンスですが、日本は特に閉ざされた言論統制にあります。

何度でも繰り返します。

遺伝子ワクチンは完全に失敗しています。

有毒ワクチンを招致、承認した政府はその責任の重大さ故にいまさら間違いを認められない状況にあるのです。ワクチン禍を三年間放置してきた内閣と政府機関の犯した罪はあまりにも大きすぎる。いま政府は償いきれない罪から逃げている。騙し通す以外に保身の道はないからです。

気付いてください。

政府、テレビ、新聞の情報を鵜呑みにするのは危険です。責任を互いに転嫁しあって、不都合な真実を隠蔽しています。

社会的生命をかけて呼びかけている医師や研究者の良心の叫びに耳を傾けてください。

今「見ざる聞かざる言わざる」ではあなた自身が次世代に対する罪人になりうるのです。

 

ワクチン問題研究部会発足記者会見(9/7)

主要メディアは報道せず。河北新報onlineのみ。

福島教授の訴え①

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42733325?ref=nicoiphone_other

福島教授の訴え②

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42733349?ref=nicoiphone_other

免疫学者の警鐘「新型コロナ XBB型対応ワクチン7回目はさらに死者が増える」村上康文教授

https://t.co/ElkrXgjOjz

(山路徹ツイッターより)

 mRNAワクチンは人類史上最悪の犯罪です。接種の有無にかかわらず犯罪を立証する責務が私たちオトナにはあるのです。

 ウクライナ戦争もその実態が暴かれつつある。

 コロナも戦争ビジネスも病根は同じ。

 それは巨大資本とそれに群がる権益者の自作自演だった。現実のひずみの中から徐々にその正体が見えつつある。

 日本政府は傀儡を演じている。

 もはや陰謀論と笑って済ますレベルではありません。

 私たちオトナは見誤ってはならないと考えます。

2023年8月31日(木曜)

 友へ

来月二十日から七回目mRNAワクチンが始まりますが、きわめて危険です。お願いです、やめて下さい。

 https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681148?ref=nicoiphone_other

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42712566?ref=nicoiphone_other 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42722949?ref=nicoiphone_other

2023.08.17(木曜)

 二度目の敗戦、どうする日本

コロナに騙されて四年目

わたしも愚者である。だが気付けば反省し過ちを改める。

行動制限の失敗、ワクチンの失敗、頻回摂取の失敗…一昨年には十分答えが出ていた。その後は無謬性の原理(誤りを認めない)と責任転嫁…ウソの上塗りである。

いい歳したオトナが今なお「お上を信じる」愚鈍な意固地…さながら開き直った嘘つき少年と変わりがない。

被害者である時期はもう過ぎた。「過ちを認めず過ちを率先するもの」は知るも知らぬも共犯者になる。

政府、医師会の犯罪に目を背け、犯行を是認することもまた罪なのだ。まさに今の日本は、愚者が互いに首を絞めあう地獄である。

 

なぜこんなことになったのか…

情報鎖国の日本…何も見ず知ろうとしない国民がタコつぼ地獄の共犯者である。

 

海外では違う時間が流れている。

米国で弾劾されるべきはトランプなのかバイデンなのか。

NATOが後押しするウクライナは反転どころか敗戦間際に見える。

プーチン、習近平が敵でゼレンスキー、バイデンが善なのか?そんなに単純か。

何が本当なのか?

BRICS(ブラジルロシアインドチャイナ南ア)参加国は地球の7割に迫り、すでに資源力、経済力でG7を上回っている。

ニジェールでは旧宗主国フランスを追い出した。

世界ではとっくにコロナは終わり、グローバルサウスは西側を排除し、中ロとの協調を進めている。

それでも日本は中ロに敵対し、海外事情を伝えない。

いま起きていることは何なのか?

すでにして世界戦争である。

いま現に、ウクライナでは兵器が、日本では毒ワクチンが人を殺している。

ウクライナ戦死者よりも日本の超過死亡の方が上回っている。

では誰が殺しているのか。

それは特定の個人でも国でもない。システム複合体…それは資本主義経済の毒素が結晶化した言わば癌細胞に似ている。

増殖、巨大化した利潤追求のメカニズムが、やがて特異点を超えてついに人類を家畜化し、無限に増殖し続ける「隠れた複合体」となった…それが正体だ。

予測された帰結なのに放置してきた軍産複合体、医産複合体、食産複合体、金融複合体、IT複合体…

それらは植民地宗主国を足掛かりに世界中くまなく根を張り人々の養分を吸い上げる。

この100年増殖し続け、やり口は苛烈化した。

鉄の武器とウイルスの武器(生物兵器)で世界を食い物にし、いつしか薬(治療薬、農薬)も武器になった。今や食料(遺伝子組み換え)、種子まで武器と化している。

現存するあらゆる種類の多国籍資本は利潤追求のメカニズムが暴走し、哲学を殺し倫理を殺した。グローバリストにとって人類は家畜であり、命よりも利潤を優先する。

 

ところが…うっかりつまづいた。ウイルスの一穴だ…

ツイッターで削除された情報が漏れだし、強引過ぎたワクチン詐欺がバレてきた。

「ウイルスとワクチン」どちらが先か、実は真逆(まぎゃく)なのだ。まさか(真逆)である。

FDAの嘘、WHOの嘘、CDCの嘘、ファイザーの嘘、モデルナの嘘、ファウチの嘘…バレてきた。

そして米国防省のたくらみ、ビルゲイツのたくらみ、世界最大の投資会社のやり口…みんなバレてきた。

だが、これらは一つの陰謀ではなく、別々の癌細胞の貪欲な営みにすぎない。穴は違っても同じムジナの口裏合わせ…だったはず。

だがついに、あっちこっちで炙り出されシッポを覗かせのたうっている。

 

そう、世界はすでにウソに気付いている。コロナパンデミックという露骨なウソに。戦争屋の邪悪なウソに。グローバル資本の巧妙なやり口に…

半世紀にわたる生物兵器開発の機密が漏れ、ファウチと武漢研究所の関係が発覚し議会で究明が行われている。

「ウイルス機能獲得実験は作ってあった毒ワクチンのため」特許はモデルナ所有。

すべての科学論文を資金力で封殺し、提灯論文にすり替えた。研究者も政治家も金額次第で手なずけられる。…次々バレてきた。

先月、ドイツは2億回のワクチンを廃棄し、東欧諸国は契約破棄、豪州議会はファイザーを糾弾し、タイ政府は会社を訴えている。

米国内でも集団訴訟が立ち上がり、スイスでは今後の後遺症責任は接種医に転嫁する。

世界はmRNA接種を止めて久しい。

WHOですら「推奨しない」と手のひらを返した。

 

それでも日本は9月20日から7回目接種を開始する。多くの国民はいまなおワクチンを崇拝する。

まさに78年経ってもGHQの命令を「お上の託宣」とあがめる日本人なのだ。

よくよく観れば農業、食料、医療だけでなく、銀行、資本、教育…日本上空までアメリカに牛耳られている。

米軍基地を玄関に日本を出入りする新旧大統領…

ワクチン毒性すら検査できず、不平等契約も開示できない日本政府…

バイデンの命令一下、増税してまで国防費増額、ウクライナ支援を約束する岸田内閣…自主独立どころか日本は植民地である。

情報が遮断され、自分の姿が見えなくなっている今の日本は江戸幕府よりレベルは低い。

北大西洋の軍事条約に極東日本が参加する大義はあるのか?

いまだに国がこぞってウソを広げ、ウソを信奉する日本国民。

お気楽なのだ。

「おかみは正しい」というお人よし民族…

真実なんぞ、めんどくさい、どうせ「反ワク」「陰謀論」と切り捨てる。仲間うちで無知を舐め合ううつけ者。娯楽番組やスマホゲームに呆けるうつけ者。知らぬ間に略奪文化に騙されるおもてなし文化。

そして廃れ行く…

善意の顔をして互いにウソにまみれる日本という国。己が被害者で同時に加害者であることを知らぬタコ壷地獄…無知無為思考停止は国を亡ぼすアヘンである。

広島、長崎に続いて体細胞の核にmRNA爆弾が投下された、これは三度目の核攻撃。

 

あなた方はどう生きるのか…

あなたの子どもたちにどう伝えるのか…

二度目の敗戦を迎えるのは哀れである。

 

今が、目覚める最後のチャンスかもしれない。

​まだ気づきませんか?

(あくまで独り言である)

2023.08.13(日曜)

 6回接種者が2000万人超…

なんと愚かなのか。

非生物学的な人工遺伝子を2年で6回も体内に注入することは、

生命科学の根本的な否定を自ら進んで受け入れる愚かさ…

なぜ気付かないのか。

もう四年目だ。

いまなお政府が恐怖とワクチン接種を煽り、国ぐるみで言論を弾圧する狂気乱舞。

批判と慎重論を強制削除するYoutube…

出演者の発言を制限するテレビ…

批判が書けず掲載できない新聞…

平気でウソをつく専門家、責任の所在を隠す役人…

治療より儲けを優先する医師会…

ワクチンを妄信するヤブ医…

医師や研究者は本当のことをしゃべると馘になる。

事実を暴くと殺される。

情報が無ければ知りようがない。

そこまでは分かった。2020年当時知らない分からないのは仕方ない。

でも、もう四年目なのだ。

振り返ってみるがいい。

2020年中国渡来の未知のウイルス禍と言われながら、日本は世界唯一の過小死亡(予測よりマイナス)だった。

ところが恐怖を過大に煽り21年国民はワクチンに群がった。

それから超過死亡が激増し、22年の追加接種で死亡がさらに爆増。

世界は2~3回で止めたが日本だけが続行。

23年春5回接種までに36万人が死亡し、後遺症患者はあふれている。

四年目の今も同じことを繰り返す。

そして6回目、秋には7回目…

もうダメだ。

始めは皆が被害者だった。けれど三年が過ぎた。

三年勉強すれば中学生でも分かる。

追加接種世界一の日本が感染者数No1。予防効果はまるで無かった。むしろ死亡者を激増させる毒だった…

死者の口を封じ、後遺症に苦しむ患者をも見捨てる不条理…

過去45年の健康被害総数をわずか二年で超えてしまった。

その毒を無理に推奨する政府、医師会はすでにして犯罪者である。

こんな明確な事実を見て見ぬふり、知ろうとしない。打ってしまった自分の過ちを認めない。

まるで開き直った嘘つき少年。いい歳したオトナが「お上を信じる」愚鈍な意固地。

これはもはや加害者である。

犯罪に目を背け、犯行を是認することもまた罪なのだ。

まさに今の日本は、愚者が互いに首を絞めあう地獄である。

 

国内接種を事実上禁止したスイスの重大論文:ブースター接種者35人に1人に心筋障害

https://twitter.com/i/status/1684371555193864192

レプリコンワクチンのモルモットは日本人ですよ!?棄民政策に気づいてください!(【本編】2023.05.27原口vs井上氏)

https://www.nicovideo.jp/watch/so42272047

何も知らないで死んでいる日本人 ワクチンの作用機序(【前編】2023.05.27原口vs井上氏)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42269965

https://twitter.com/i/broadcasts/1kvJpmRQVoZxE

(↑上記URLをブラウザーのアドレス欄にコピペしてEnter。原口氏のSNSから動画視聴)

接種するほど免疫が抑制される(2023.06.02原口氏vs村上氏)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42301894

福島教授プリオン病について(2023.08.05)

https://twitter.com/i/status/1687661934781628416

(↑上記URLをブラウザーのアドレス欄にコピペしてEnter。北海道有志医師の会)

井上正康 大阪市立大学名誉教授「日本は不妊国家になる」毒ワクチンの作用機序まとめ(2023.08.03)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42571908

 

混入していた癌発現SV40プロモーターの働き(2023.07.18)

mRNA新型コロナワクチンが癌を誘発

ピーター・マッカロー博士:ニシャント・シン博士の論文によれば、スパイクタンパク質のS2遺伝子断片は、癌抑制遺伝子であるp53とBRCAを干渉すると示されている。一方、ケヴィン・マクナン博士のプレプリント論文では、ボトル詰めされたmRNAコロナワクチン製剤には高濃度のcDNA汚染が見つかり、そのcDNAには腫瘍遺伝子のプロモーターであるSV40が含まれている。これらの研究から、mRNAコロナワクチンは癌を誘発する可能性があり、それが大規模ワクチン接種を行っているすべての国で発生率が急増している原因であると唯一の説明となる。

https://gettr.com/post/p2ma1cze350

2023.07.30(日曜)

 米国のターニングポイントは日本の転換点になる。

 【米国】民主党大統領候補ロバート・ケネディJr.が言いたいことは?2023.7.23

 「米国幼児ワクチン72種類の安全性試験が皆無なのに製薬会社は免責を得た。嘘つきファウチは逃げた」

世界の政治を篭絡した巨大製薬会社がワクチンという名の遅効性毒物で病気を生み出し、各種用意された薬剤を販売することで永続的な収益を上げる。見事な悪徳ビジネスモデルである。

https://www.youtube.com/watch?v=r4o8GwaqHog

 イベルメクチンの効果を示す研究多数

 「牛の虫下し」とあざけりイベルメクチンの使用を禁止したファウチはいま逃げている。mRNAワクチンの特例承認は有効な薬が無い前提だった。そこで彼らはイベルメクチンの有効性を隠した。ヒドロキシクロロキンの有効性も隠した。つまりウイルスを作成したのも、パンデミックを煽ったのも、毒性の高い遺伝子ワクチンを喧伝したのも、すべてファウチを首謀とする詐欺であった。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42523790

 

 RFケネディJrを注視せよ

 いまロバート・ケネディJrが米国を揺さぶっている。

公聴会で淡々と事実を語る。

ただそれだけでパンデミックの闇を暴き、戦争を煽るグローバリストの真実に迫る。

民主党、共和党の垣根を越えて米国は大きく揺れている。

なのに日本では全く報道されない。

バイデン大統領と正反対の主張は岸田傀儡内閣にとっても都合が悪い。

メディアはそれを忖度する。

だから国民は読めず聞けず知りようがない。

しかしやがて米国の断層が激震を起こしたとき、四方に津波はやって来る。

間違いなく日本も地滑りが起きる。

伯父と父親を暗殺されたロバート・ケネディJrだからこそ米国深部の闇を知っている。

世界を戦争で食い物にするバイデン政権の闇を知っている。

2023.7.22【米国】異例の下院公聴会: ロバート・ケネディJr.の証言【及川幸久−BREAKING−】

真実を隠蔽する国の検閲。

https://www.youtube.com/watch?v=lbY4LtllSi8

2023.07.25(火曜)

 日本人は自国の腐敗に気付いていない。

 情報検閲、言論統制のただ中をただ平然と生きている。

 腐敗はこの3年でさらに進み、もはや正しい疑問、正しい意見、正しい科学が殺されている。

 この動画を最後まであなたは見ることができるだろうか。

 3年前に語られた事々が、いま眼前にある。

 世界で1300万人の不審死、それを上回る重篤な後遺症、健康被害…

 一方でワクチンの有効性はまったく証明されていない。

 信じるか否かは自由だが、この動画で語るキャリー・マディという女性が、最後に涙ぐむ意味が分かるだろうか…

 このままでは米国がまき散らした腐敗によって日本が朽ち果てる。

 世界で一番mRNAワクチンを接種してしまった日本。

 その将来を思うと涙が出る…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42443049

2023.07.23(日曜)

 米国のターニングポイントは日本の転換点になる。

2023.7.22【米国】異例の下院公聴会: ロバート・ケネディJr.の証言【及川幸久−BREAKING−】

https://www.youtube.com/watch?v=lbY4LtllSi8

2023.07.19(水曜)

 「真逆(まさか!)」世界の真相は「真逆(まぎゃく)」だった。

 まったくわたしがバカだった。恥じ入るばかり。

反省と同時に、これまで腑に落ちなかった事ごとがひとつの像を結びはじめ視界がすっきり見えてきた。

 

 そうか、やっぱりそうだったのか…

この4年、そしてこの2年、ついこの1年…

徐々に視界は傾きはじめ、点と点がつながると…

「今まで信じていたことは間違いだった、真逆だった」

…こう思う人が増えている。

 

 テレビ、新聞、SNSは一斉に情報統制され、政府は「欧米正義」一辺倒にわたし達を洗脳した。

この2年は一層露骨に反論、正論がネット上から削除され、たとえ科学的であれ徹底的に攻撃され排除された。

だが、そのことに気付いた人たちは1割もいない。

しかしツイッターの開放がきっかけになり、世界の機密がどんどん流れ出した。

 ファウチの嘘、バイデンの嘘、製薬会社の嘘、金で買われた医学論文、投資会社の嘘、買収された政治家、ウクライナの嘘、NATOの嘘…

 バカにしてきた陰謀論、だが実はその向こう側に多くの重大な真実が隠されていた。

 そうなのだ。

新型コロナは人工ウイルス…間違いない。

ウクライナ戦争の誘因は米国NATO側にある…間違いない。

ウイルスも医原病ワクチンも戦争もペンタゴンが主導…これも事実だ。

国連もWHOも巨大資本と多国籍企業の手先に堕した。

 気が付くと日本はほぼ米国の植民地になっている。

「日本は最終段階に入った」というマスク氏の発言の真意はここにあった。

 日本は搾取されている。

 戦後80年、ずっと…ここ数年の話ではない。

 ああ、なんとわたし達はバカだったのだろう。

 

 実質30万人以上の超過死亡は夢幻ではない。

いま岸田を止めなければ、日本政府を止めなければ、日本は滅びる。

いまNATOと距離をおかねば日本は次のウクライナになる。

 彼らは「今だけ金だけ自分だけ」の保身のために日本の富の半分を米欧に流している。

 働いても働いても日本だけが貧しくなった、その原因は政治家の背信行為にある。

しかし、彼らを選んだのは当の私達だ。

 わたし達が間違っていた…ならば…

たとえ己が無力であっても、過ちを糺すのが次世代への責務である。

2023.07.02(日曜)

 それでいいのですか!?あなたたちは…

軍備拡張、増税、社会保険料搾取、薬害放置、それでも怒らぬ日本人。

円安、株高に浮かれ、2万円欲しさにマイナカードに嬉々として群がる日本人。

政府、NHKは公然と情報管制を敷き、大手マスコミはダンマリ。

不都合な事実は一切封じられた。

ならば世間はまるで気付くはずもなく、己が娯楽にふけるのは無理もない。

家族がそうなのだから凡夫のオヤジには言葉がない。

膨大な情報の海で真実がおぼれて死んでゆく。

愕然とする。

何故分からないのか!?

日本政府は膨大な労働対価を欧米に垂れ流し、その一方で国民はカエルのように茹でられているのだ。

今も世界中で数兆円が爆破と殺人に消費されている。

潤うのは戦争屋と軍産複合体、巨大資本で利を貪る人呑鬼たち。

彼らは無知、無関心をしたたかに悪用する。

彼らは情報の目を閉ざし、文句の芽を摘む。

彼らは知っている、エサさえ与えておけば従順が根を下ろすことを。

 

まさに日本人は家畜である。

金と色にシッポを振った政治家と役人は詭弁虚言で家畜を手なずける。

そしておこぼれ頂戴。

これが日本政府だ。

 

戦争の財布に国を明け渡した日本政府。

製薬マネーに踊らされ、国民を人体実験に差し出した日本政府。

責任は「オレじゃない」おれは運び屋、ただの代弁者と素知らぬ顔。

これが今の日本政府だ。

いつしか国は茹で上がり欧米に食い尽くされる。

自ら罠にはまった日本人。

​悲しいね…

それでいいんだ!?あなたたちは…

2023.06.03(土曜)

 「まさか!?」のことが起きている。SFではありません。

 本当のことを知ってください。

 日本国内は今現在も、政府、NHKだけで無く大手メディアは露骨な情報統制を行っています。

 以下の3本の動画を虚心坦懐にご覧ください。

 

 ①生物化学兵器への対応   原口一博衆議院議員(元総務大臣)2023.06.02

南出賢一市長さんとの対談  報道されないあまりにもむごいワクチン障害・後遺症

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42298000

 

②「新型コロナウイルス開発の1965年からの驚愕の歴史」

デイビッド・マーティン博士講演

@欧州議会・国際コロナサミット 2023年5月3日にて

博士は証明する「SARS 1は、ノースカロライナ大学バリック教授が開発した「感染性複製欠陥」=生物兵器」であると。

https://twitter.com/i/status/1662818171886383104

 

③「コロナワクチンは史上最大の医療詐欺」

オーストラリア主流メディア報道(2023.05.28)

https://twitter.com/ShortShort_News/status/1663494986728620032

2023.05.09(火曜)

 止めなさいmRNA6回目!

 政府マスコミの嘘の本質は「嘘がバレないための嘘の繰り返し(鹿Doctor)」←クリック

動物実験では6~8回目で「先生、みんな死んじゃいました…」

 

2023.05.05(金曜)

 EU諸国がワクチン契約を相次いでキャンセル

 ブルガリア、リトアニア、ラトビア、クロアチア、スロベニア、ハンガリーの保健大臣は、ファイザーのワクチンの契約を破棄する意向を表明。

 最近、ポーランドの保健大臣は、使用しないワクチンにもう金を払えないからファイザーとのワクチン契約を一方的に破棄すると宣言した。(4/30ロイター)

 5回接種したのは日本だけ、世界はとっくの昔に止めている。それでも日本政府は6回目接種の推進を止めない

 1歳の赤ちゃんがmRNA接種二日後に死亡しても、厚労省は「因果関係評価できない」と小さく報道。

日本メディアは政府の不都合なニュースをブロックしている。

 だから国民は知らない。

2023.04.26(水曜)

「医師たちはワクチンについて嘘をつかれたことを認め、ノンストップ接種を中止せよ」←クリック

 仏アレクサンドラ・アンリオン・コード博士、遺伝学者。博士のmRNAについての本はフランスでベストセラー

「未必の故意」による障害及び大量殺人←クリック(202304.23)

 mRNAワクチンは史上最悪の薬害犯罪です。

接種開始後に20万人以上の超過死亡が記録されているにもかかわらず今なお「努力義務」をうたう政府、医師会、御用学者などの罪を放置してはいけません。

 私たち日本人には責任があります。

被害者、遺族の方々がもっと声高に糾弾、告発できるように私たち皆が支援すべき時です。接種の有無にかかわらず犯罪を立件する責務が私たちオトナにはあるのです。

​超過死亡表

原因はmRNAワクチン

​一目瞭然の図表

2023.04.17(月曜)

 米研究者が発表した「コロナワクチンDNA混在疑惑」は致命的な問題である。

動画1  動画2  動画3 ←下線部クリック)

ワクチン推進、反対のレベルではない。

無関心のまま傍観すれば日本は滅びる。

国民8割が接種したワクチン成分に重大な問題提起がありながら国は見て見ぬふりをする。

これは自らの責任を放棄し、あまつさえ証拠隠滅を図る犯罪である。

これほど欺瞞に満ちた国を、子どもや孫の世代に残すのか。

オトナは見ざる言わざる聞かざるでは済まない。

ヒトとしての責任ではないのか。

もはや愚痴や恨み言、分断はいらない。

 

まずは即座に接種中断し、全量調査、問題解明する責務がある。

 

あらゆる有志の会、学術界は結束してまず第一に「コロナワクチン全量調査」を緊急提言すべきである。

同時に日々消されてゆく因果関係の証拠保全に努めなければならない。

 

国と製薬会社の契約がどうあれmRNAワクチン成分の詳細分析は必須である。

すでに国は契約内容の開示請求を拒否した。

ならば無視せよ。事実が優先する。

すでに予防効果が虚偽であることが判明した以上、製薬会社は契約に違反しているのであり契約内容は無効である。

廃棄予定のワクチンを即刻入手して、各研究機関は独自の動物実験をすべきである。

事実があらゆる証拠に優先する。

全ての研究機関は最優先でワクチンの成分分析を始めよ。

2023.04.13(木曜)

 スイス 基礎疾患やリスクグループもワクチン推奨無し。損害は医師の責任に。

WHOのワクチンに関する方向転換を受け、スイスではこの春夏の接種を、基礎疾患のある人やリスクグループに属する人にまでも、推奨しないと発表。しかも、ワクチンによって被害を受けた場合は、医療行為を行った医師が責任の対象となるとした。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42074092

 

 それでも日本は子供にも強硬接種。

オミクロンワクチン初回打ちと二回打ち「危険な人体実験」を計画する厚労省。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42073858

2023.04.10(月曜)

 絵本「戦争の作り方」(2004年)

 日本は本当に新しい戦前を進んでいる。

 いまこそ立ち止まるときだろう。この動画の気持ちが伝わってほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=cUGu73hnjdY

2023.04.07(金曜)

 mRNAワクチンの発明者のマローン博士がすべてを否定。自身も2回接種して、体調を大きく崩したと告白した。

 これでもまだ打ちますか?

https://rumble.com/v2fmc4m-147168742.html

2023.04.05(水曜)

 接種3日後14才女子の全身炎死亡論文(2023.03.15投稿論文)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42036069

 学者・専門家らによる「情報発信の自由と公正を求める共同声明」の発表と提訴・告発後記者会見

日 時:令和5年4月4日(火)午後3時

場 所:東京高等裁判所内 司法記者クラブ

発表者:京都大学医生物学研究所ウイルス共進化分野准教授 宮沢 孝幸

新型コロナワクチン接種後死亡者ご遺族支援団体代表 鵜川 和久

新型コロナワクチン接種後死亡者遺族会支援弁護士 青山 雅幸

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42035571

字幕付き抜粋編

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42042405

 

2023.04.04(火曜)

 まるでネットは伏魔殿。

 「ビル・ゲイツが予防接種否定」はフェイクニュースだった

 「ウイルスは私たちが思っていたよりもはるかに危険ではないことが分かった・・・またワクチンはだれもが想像していたよりもはるかに危険だった」一瞬でネットを駆け巡ったフェイクニュースだが、1週間で消滅。ネット空間は恐ろしい。

 ところがその後…

 「WHOが方針転換」

 これは事実だが日本では話題にならず…

 これまでワクチン推奨していたはずのWHOが一転、「健康な人は接種不要」と接種ガイダンス改訂を公表した。

 それでも国内報道では弁明しつつ控えめな印象操作に終始している。

ロイター「WHO、コロナワクチン接種勧告を改定 健康な子どもは必ずしも必要なし」(2023年3月29日)

TBS「WHO 新型コロナワクチンの接種指針改定 健康な成人の追加接種を推奨しない」(2023年3月29日(水) 05:34)

テレ朝「WHO“新指針” 健康な成人は…コロナワクチン追加接種「推奨せず」 今後に影響も」(3/30(木) 11:08)

 6~7回まだ打つの!?…世界で独りぼっち

 …どうする ニッポン…

2023.03.29(水曜)

 「コロナワクチンが危ない理由2(荒川央)」の90分談話

 「コロナワクチンはコロナ後遺症を再現させている。800人に一人が体調不良に…免疫機能の低下により常在細菌が抑制できない…(荒川央)」「高齢者の突然死が目立つ。近隣(地元北海道本別)の入所待機老人が消えた…口腔内で緑膿菌(雑菌)増殖、一目瞭然…RS、アデノなど同時流行…(藤沢明徳=有志医師の会)」

 「昨年以降、梅毒が急増。女性は10年前の40倍に…」

 荒川氏は分子生物学、免疫学の世界的権威。「もうそろそろ気付いてほしい」

https://twitter.com/Trilliana_z/status/1630011750807638016

2023.03.27(月曜)

 口腔ガン、神経障害が激増(大学病院や整骨院現場の声)

https://twitter.com/i/spaces/1djxXlMggyOxZ

ワクチン推進派教授も「もしかしたら…」​と翻意の兆し

 以下の文書は最新の研究論文です。

​​ミュンヘン会議←クリック

2023.03.24(金曜)

 米議会でランド・ポール上院議員から質問されるモデルナCEOのバンセル

「利益相反では?コロナワクチン接種後の心筋炎のリスクは?論文読んだ?モデルナの社長も認めたけど?おたくの子供は何回打ったの?子供に打ってない国のことは知ってる?ファイザーより酷いね」

https://twitter.com/i/status/1638638222162157568

2023.03.15(水曜)

 有志の会は結束を

この3年で日本はどうなったか、まさに総括といえる。

累計20~27万人がmRNAワクチン起因で命を落としている。

下記の3本の動画を見るだけで分かるはずだ。

 日本は世界の実験室(医師、研究者が語る)

 世界一の日本ブースター治験は「死の治験」(2023.03.13鹿医師)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41919301

 持病の悪化・老衰の進行の具体的内容(超過死亡はmRNAワクチン起因)鹿医師

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41795331

 

 次世代を守ることがオトナの責任(ワクチン研究の第一人者が語る)

「ウイルスと生命の生存戦略」(2023.03.12井上正康名誉教授)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41923677

 無関心のまま傍観すれば日本は滅びる。

子どもや孫の世代に、利権者の欺瞞に満ちた国を残すのか。

愚痴や恨み言はもういらない。

有志医師の会、有志看護師の会、有志医療技術者の会、有志薬害弁護士の会…個別では力は小さい。

あらゆる有志の会は結束して、まず第一に「mRNA有害事象の研究会」を発足させる。

そして日々消されてゆく因果関係の証拠保全方法を早急に確立すべきである。

すでに情報開示請求は提訴された(23/1/31)。

今後は各地の薬害患者の会、遺族会の告発支援をする。

ともあれ着手すべきは…

禁止契約がどうあれmRNAワクチン成分の詳細分析は必須である。

(現時点では秘密裡にせよ)将来公開するために独自の動物実験をすべきである。

不審死はすべて確実に剖検すべきである。

mRNAワクチン由来のS蛋白の染色検体を保存するなど、可能な限りmRNAによる有害事象の科学的定着方法を模索する。

そして「mRNA有害事象の研究会」は全国にその指針を示す必要がある。

2023.03.05(日曜)

 多数派が世の中を作る

 諫早湾訴訟26年ぶり「開門せず」決着

30年の間に海水生物が死滅した諫早湾。干拓事業の正当化を認めた裁判でいったい何が救われたのか。

「すでに順応したから自然破壊はない」無し崩しの結論に…得をしたもの。泣いたもの。

今さら「国は正しい」という決着。

バカ言うんじゃない。

つねに国の偽善がまかり通る。

利権のために、自然を壊し、ヒトを殺す。

気づくとやりきれない。情けないやら申し訳ないやら。

 

 最悪最大の薬害も闇に葬るのか

mRNAワクチン接種の2年累計で死亡者は26.6万人増加した。

予測値の誤差(±1万人)をはるかに超えている。

政府のダッシュボードで計算しても裏付けられる。

死ななくてよかった人たちが少なくとも20万人以上いる。

誰が見ても事実なのだ。

それにも関わらず、政府、研究機関、大学、マスコミは、こぞって黙っている。

死んだのは海洋生物ではない、20万人のヒトが死んでいるのだ。わずか2年で。

東日本大震災の10倍規模の災害が水面下で起きたことは間違いない。

厚労省は「因果関係は分からない」から調べない、考えない。

全量調査すれば「mRNA接種(スパイク蛋白)が起因」という事実がバレてしまう。

下手にしゃべると組織からはじき出される。

だから無視する。報じない。

政府と研究機関は「間違いを認めるわけにはいかない」のだ(無謬性の原理)。

製薬マネーがすべてを牛耳る。

不条理な補助金で医療機関は医師会を傘に利益を貪る。バレては元も子もない。

バレないことこそ主導者と加担者の共通の利益。

だから懲りずに「接種は努力義務」をうたう。

 

しかし

米国で敗訴したファイザーが1291種類の有害事象を公開した。

接種者の体内にはこれらの事象が潜在する。

そして遅発的に複合的に顕れる。

これからもmRNA後遺症に悩む患者がますます増えてくるだろう。

検査しても原因は分からずたらい回し。

傷ついた免疫は語らない、縮んだ寿命は見えない。原因は特定できない。

ここにきて

テレビ・新聞は「心筋炎パンデミックに備える」「女性の健康キャンペーン」をうたう。

白々しく真実から目をそらす。

時間とともに証拠はこの世から消えてゆく。

なんだこれは。

 

毎日、的の外れたニュースを目にして、もはやあらゆるものが信用できなくなってきた。

政治家よ、科学者よ、医師よ、ジャーナリストよ、良心はあるのか。

80%国民がmRNAを接種した。

毒性がホントなら「怖い」。毒性は認めたくない。だから聞きたくもない。

20万人死亡だって?「自分は元気だ。そりゃぁひとごと、他人事」。

国民80%は忘れたいらしい。

みんなが忘れたら「なかったこと」になる。

それでいいのか。

 

しかし…後遺症に苦しむ者、死者は日に日に積みあがる。

事実は目の前にあるのに目をつむるのか。あなたは…

「人の不幸の上に己の幸福を築いてはならない」(トルストイ)

人の不幸を食い物にする政治、医療…

なんだこれは。

次世代にこんな世界を残すのか。

 

いずれ薬害集団訴訟が始まる。しかし結果が出るのは30~50年先だ。

そのころ多くの被害者たちは忘れ去られているだろう。

 

「多数派が世の中を作る」という現実に愕然とする。

たしかに敗者の歴史は残らなかった。

もしそれがホントなら、天動説はくつがえらない。

科学は違うと私は信じる。

2023.02.06(月曜)

まずは

この動画を見てほしい。←クリック

 コロナワクチン薬害の訴訟が始まった

きのう2月2日、東京地裁において

福島名誉教授(京都大学)が行政文書の開示請求を行った。

これから長い長い司法での闘いが始まる。

 

今回の行政文書開示請求は以下の2点。

 

「新型コロナワクチンの詳細な安全性に関わる非臨床試験の全データ、及び臨床試験で生じた有害事象の全データ」

 

「新型コロナワクチン購入契約書」

 

要は、2022年7月以降のワクチン接種にかんするデータや契約書

などが隠蔽されているので、国民に開示するように請求したのだ。

もはや、いくつかの週刊誌に「打てば打つほど感染する」と報じられているが、

年代別の重症化率や死亡率などの詳細なデータは、昨年中ごろからすべて隠蔽されている。

また、当初より国と米製薬会社の契約書は隠蔽されたままだ。

「ワクチンを調べてはいけない」という不平等契約。

国民の体内に注入する物質の安全性を調査できないなど、あってはならない。

 

つまり、「データサイエンス」の根幹が隠蔽されているのだ。

 

闘いの場は、国会や厚労省から、裁判所に移った。

これから長い闘いになるのだろう。

そして真実が明らかになると

 

1)国民は驚愕

2)責任者の追求

3)賠償や補償に、進むのだろう。

 

薬害なので、被爆者手帳のような「ワクチン被害手帳」が発行されて

それをベースにした医療・医学に大きく転換することになるのだろう。

記者会見には、大手メデイアも来ていて活発な質疑応答がなされたが、

おそらく、NHKなど主要メデイアは報じないかもしれない。

共犯関係にあるからだ。

今後、メデイアは「週刊誌」と「スポーツ新聞」と「地方局}に限られるのだろう。

しかし、間違いなく、記念すべき第一歩である。

(長尾医師ブログより)

mRNAワクチン被害のメカニズム ご覧あれ。

 ADE(抗体依存性感染増強)池田氏

 OAS(抗原原罪)荒川氏

 過去のきな臭い話は「よもやま話」のアタマに掲載しています。

 新型コロナ集計の感想は「よもやま話」ページ中段に掲載しています。​ 

これ以前「ちょっと昔の独り言」はこちら

SANZOUです

 あらゆる遺伝子製剤はワクチンとしての使用を禁止すべきです!!

 多くの情報に耳を傾けてください。

 

2023.09.23(土曜)

パンデミック条約の危険性

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42789551?ref=nicoiphone_other

 

DNA混入証言 サウスカロライナ州議会公聴会

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42793500?ref=nicoiphone_other

ワクチン問題研究部会発足記者会見(2023.9/7ジャニーズ記者会見と同じ時間)

主要メディアは全く報道せず。河北新報onlineのみ。

福島教授の訴え①

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42733325?ref=nicoiphone_other

福島教授の訴え②

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42733349?ref=nicoiphone_other

免疫学者の警鐘「新型コロナ XBB型対応ワクチン7回目はさらに死者が増える」村上康文教授

https://t.co/ElkrXgjOjz

(山路徹ツイッターより)

2023年8月31日(木曜)

 友へ

来月二十日から七回目mRNAワクチンが始まりますが、きわめて危険です。お願いです、やめて下さい。

 https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681148?ref=nicoiphone_other

我ら長くて残り二、三十年

どうでもいい、と言えばどうでもいい、

けれど…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42680390?ref=nicoiphone_other

まあ、ひとつの考えとして聞くのもよし…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42680573?ref=nicoiphone_other

 (←すでに削除された情報)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42712566?ref=nicoiphone_other (来るべき裁判のために)

点と点を繋げて行くと、幾つもの線になり、線と線を辿ると、シルエットが浮かぶ。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681887?ref=nicoiphone_other

まあ、虚心坦懐に見るのもよし…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42680631?ref=nicoiphone_other

でも、鵜呑みは危険。

しかし、点と点、線と線は結べます。

笑止千万と笑うもよし…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42680319?ref=nicoiphone_other

もし、不愉快ならば、

無視、削除もよし…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42680767?ref=nicoiphone_other

それでも、色んな見解と可能性を保留することこそ科学だと信じます。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681488?ref=nicoiphone_other

ここに挙げた研究者の見解は

私の三年間の一次情報とほぼ一致しています。いい加減な三次情報とは違います。

だからこそ身近なヒトには伝えておきたい…

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681252?ref=nicoiphone_other

言論統制下、これまで削除された情報は数百万に上ります。

ご覧できるうちに多くの方の目に触れることを願います。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42681430?ref=nicoiphone_other

2023.07.30(日曜)

 スイスから重大論文:ブースター接種者35人に1人に心筋障害

https://twitter.com/i/status/1684371555193864192

2023.06.03(土曜)

 「まさか!?」のことが起きている。SFではありません。

 本当のことを知ってください。

 日本国内は今現在も、政府、NHKだけで無く大手メディアは露骨な情報統制を行っています。

 以下の3本の動画を虚心坦懐にご覧ください。

 

 ①生物化学兵器への対応   原口一博衆議院議員(元総務大臣)2023.06.02

南出賢一市長さんとの対談  報道されないあまりにもむごいワクチン障害・後遺症

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42298000

 

②「新型コロナウイルス開発の1965年からの驚愕の歴史」

デイビッド・マーティン博士講演

@欧州議会・国際コロナサミット 2023年5月3日にて

博士は証明する「SARS 1は、ノースカロライナ大学バリック教授が開発した「感染性複製欠陥」=生物兵器」であると。

https://twitter.com/i/status/1662818171886383104

 

③「コロナワクチンは史上最大の医療詐欺」

オーストラリア主流メディア報道(2023.05.28)

https://twitter.com/ShortShort_News/status/1663494986728620032

2023.05.09(火曜)

 止めなさいmRNA6回目!

 政府マスコミの嘘の本質は「嘘がバレないための嘘の繰り返し(鹿Doctor)」←クリック

動物実験では6~8回目で「先生、みんな死んじゃいました…」

「医師たちはワクチンについて嘘をつかれたことを認め、ノンストップ接種を中止せよ」←クリック

仏アレクサンドラ・アンリオン・コード博士、遺伝学者。博士のmRNAについての本はフランスでベストセラー

「未必の故意」による障害及び大量殺人←クリック(202304.23)

 mRNAワクチンは史上最悪の薬害犯罪です。

接種開始後に20万人以上の超過死亡が記録されているにもかかわらず今なお「努力義務」をうたう政府、医師会、御用学者などの罪を放置してはいけません。

 私たち日本人には責任があります。

被害者、遺族の方々がもっと声高に糾弾、告発できるように私たち皆が支援すべき時です。接種の有無にかかわらず犯罪を立件する責務が私たちオトナにはあるのです。

超過死亡表

原因はmRNAワクチン

​一目瞭然の図表

2023.04.17(月曜)

 米研究者が発表した「コロナワクチンDNA混在疑惑」は致命的な問題である。

動画1  動画2 それぞれ見てほしい←下線部クリック)

2023.04.07(金曜)

 mRNAワクチンの発明者のマローン博士がすべてを否定。自身も2回接種して、体調を大きく崩したと告白した。

 これでもまだ打ちますか?

https://rumble.com/v2fmc4m-147168742.html

2023.04.05(水曜)

 接種3日後14才女子の全身炎死亡論文(2023.03.15投稿論文)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42036069

 学者・専門家らによる「情報発信の自由と公正を求める共同声明」の発表と提訴・告発後記者会見

日 時:令和5年4月4日(火)午後3時

場 所:東京高等裁判所内 司法記者クラブ

発表者:京都大学医生物学研究所ウイルス共進化分野准教授 宮沢 孝幸

新型コロナワクチン接種後死亡者ご遺族支援団体代表 鵜川 和久

新型コロナワクチン接種後死亡者遺族会支援弁護士 青山 雅幸

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42035571

字幕付き抜粋編

https://www.nicovideo.jp/watch/sm42042405

 「コロナワクチンが危ない理由2(荒川央)」の90分談話

 「コロナワクチンはコロナ後遺症を再現させている。800人に一人が体調不良に…免疫機能の低下により常在細菌が抑制できない…(荒川央)」「高齢者の突然死が目立つ。近隣(地元北海道本別)の入所待機老人が消えた…口腔内で緑膿菌(雑菌)増殖、一目瞭然…RS、アデノなど同時流行…(藤沢明徳=有志医師の会)」

 「昨年以降、梅毒が急増。女性は10年前の40倍に…」

 荒川氏は分子生物学、免疫学の世界的権威。「もうそろそろ気付いてほしい」

https://twitter.com/Trilliana_z/status/1630011750807638016

2023.03.29

以下の文書は最新の研究論文です。

​​ミュンヘン会議←クリック

 口腔ガン、神経障害が激増(大学病院や整骨院現場の声)

https://twitter.com/i/spaces/1djxXlMggyOxZ

ワクチン推進派教授も「もしかしたら…」と翻意の兆し

2023.03.27

2023.03.24(金曜)

米議会でランド・ポール上院議員から質問されるモデルナCEOのバンセル

「利益相反では?コロナワクチン接種後の心筋炎のリスクは?論文読んだ?モデルナの社長も認めたけど?おたくの子供は何回打ったの?子供に打ってない国のことは知ってる?ファイザーより酷いね」

https://twitter.com/i/status/1638638222162157568

まずはこの動画を見てほしい。←クリック

2023.02.03

「新型コロナワクチンの詳細な安全性に関わる非臨床試験の全データ、及び臨床試験で生じた有害事象の全データ」と「新型コロナワクチン購入契約書」

上記の情報開示請求訴訟。

大手マスコミが参加した記者発表だが、各社は一切報道しない。卑劣な言論統制。

この事実すら世間は知らない。

もはや日本のコロナ行政は犯罪であると断ずる。

残念だがYouTubeが会見動画を削除した。

まさに証拠隠滅→ やっと法廷闘争が始まった。←クリック

​同じ日本人として恥ずかしい。

2023.01.19​

 2022年のウクライナ戦争に驚愕。これ以上に驚愕したのがコロナワクチンのブースター接種。21年の二回接種でも大幅な超過死亡を記録した。これだけでmRNAワクチンの危険性は分かったはずなのに、懲りずに三回、四回、五回も打つ。打てば打つほど感染爆発を繰り返し、累々と屍を重ねる。

 

 バカである。

 日本が世界で一番バカである。

 とりあえず、mRNAワクチンは止めるべきである。

​ だから最優先で以下のアーカイブを確認してほしい。

 週刊新潮の論文

2023.01.26号

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41673093

 「ここで止めないと必ず死ぬ。」   長尾和宏

村上康文先生が解明! mRNAワクチンのメカニズム (長尾チャンネル2022.12.31)

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41583614

 『先生、全部死んでしまいました・・・』村上康文名誉教授(東京理科大学)50分

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39794366

 『兵庫保険医協会(2022年10月15日(2019号))

新型コロナウイルス感染症をめぐる課題が山積する中、当初から一貫して「科学的分析と対応」を提言し続ける福島雅典京都大学名誉教授に、西山裕康理事長、広川恵一顧問の鼎談』

http://www.hhk.jp/hyogo-hokeni-shinbun/backnumber/2022/1015/100002.php?fbclid=IwAR3BFkfCdgIc5TXBaEmNPGte0OYeARS9fMxq8t1criaV-_xdUUw68wZHGjM

 「甘いこえ(天木越え)」 _ HEAVENESRE ヘヴニーズ

https://www.nicovideo.jp/watch/sm41608683

 『池田清彦vs長尾和宏対談 第二回「ワクチン後遺症を語る会」〜僕たちがワクチンを2回でやめた理由〜』

池田清彦vs長尾和宏

Jan 15 1:54:54

https://twitter.com/i/spaces/1DXxyvlErmeKM

 令和4年11月25日「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える」勉強会←下線部をクリック

ピタゴラ3Dと私

 

 若いころ、爪楊枝(つまようじ)をつないで正20面体を作ったことがある。見た目「あたりまえ」でも構造を聴くと「よく知らない」。じゃあ作ってみると、けっこうな手間がかかるのです。

 無色透明のセメダインを一滴トロリと爪楊枝の先に垂らして、もう一本をつなぐ。そしてもう一本。なかなか固まらないのでうっかり離れると糸を引き、あの独特の匂いが鼻を突く。たった三か所だけでもなかなか形が定まらない。洗濯ばさみでしばらく固定させ、やっと三角形が安定してもまだセメダインはふにゃふにゃ。これを30本つないでやっと20面体になるけれど、転がせる状態になるまで丸一日はかかる。

 まあたいへん、要するに変わり者のヒマつぶしですね。(今なら瞬間接着剤があるけれど、角度がその都度固定されると正20面体はできない)

 それから長い間、爪楊枝の20面体は勉強机の片隅に置かれていた。

 大阪万博の青春時代、そして社会人になってバブルもあった。湾岸戦争、大震災、9.11、リーマン、東日本大震災…

 …いろんな時代の景色をよそ見しながら、成り行きに任せた人生。

 あれから数十年。サラリーマンを定年退職した自分が今していることは、なぜか、売れないおもちゃ「ピタゴラ3D」を知ってもらおうと今日もひたすらパソコンを打っている。

 変な話だが、どうやら半世紀前の爪楊枝の20面体と因縁がふかいようで、あの時見えた、空間すみずみにある幾何学の不思議に魅されたから今の自分があるんだと思う。とはいえ空想の景色など表現しようがない。

 家族や友人は「酔狂だ」と笑う。

 前職とは何の関係もないことを考えて(設計、企画、デザイン、発信…)何もかも一人でやっている。なかなか前に進まない。

 「ピタゴラ3D?」「なんだそれ?」「それがどうした」と一笑されるのがオチだが、これと同じことができるツールは今のところどこにも存在しない。誰も知らないし、値段がやや高い。その上、正直、空間幾何学はアタマで考えるのはちょっと難しい。それに何の役にも立たない。これが難点。簡単に売れるわけがない。

 ホントは小学生でも手軽に遊べるように、100円ショップで買えるようになればいいのだが、製造費が高すぎて今は到底できっこない。(いま買ってくださった方々には心から感謝します。日の目を見ないクラウドファンディングみたいなものですが…)

 とは言え既存のマスコミ(前職)で広告は打ちたくない。自然の広がりを期待しつつ、今日もパソコンで発信している。

 なにより自然の多様性こそがお手本です。

 近所の川で捕ってきたモロコ達(世界で唯一のオイカワ飼育記録)の群泳を眺めながら……

サイト開設(2021.11.09)

 

日本大阪府池田市

sanzoushima@gmail.com

お問い合わせ

お問い合わせいただきありがとうございます。

bottom of page